澤田 理佳 Rika Sawada

 

ピラティススタジオ アドバンスドボディ主宰

Polestar Pilates™Mat・Reformer・ Comprehensive-Educator

Polestar Pilates 認定(スタジオ・アレグロ・マット)

フィットネス指導暦約25年

トレーニング・アクアビクス・パーソナルトレーニングなど

 

ピラティス プライベートセッション

ジャイロトニック プライベートセッション

グループリフォーマー

アドバンスマット

 

 

 

こんにちは、

 ポールスターピラティス日本第一号エデュケーター澤田理佳です。

 

【 ミッション 】

 

私の人生の目的は、ボディーワークを伝えることで人々の心と身体の成長と進化を促し、

より良い人生を送ることをサポートすることである。

 

単にエクササイズを教えるだけのスタジオではなく、

心と身体をサポートするスタジオでありたいと願います。

 

お客様が運動を行うことで身体と向き合い、本当に自分を大切にする習慣をつけていただきたい。

身体の悲鳴、心の悲鳴にあえて鈍感になろうとしてはいないでしょうか?

 

悲鳴を無視した代償は、肩こりや頭痛や腰痛、生理痛のみでなく

憂鬱な気分や苛立ちや収めどころのない感情となるでしょう。

 

運動は競うだけのものでなく、身体と心ののメンテナンスとしても十分効果を発揮します。

今の自分が少しでも良い方向に変化すれば良いのです。

 

Advanced Bodyの意味は進化したカラダです。

今の自分より進化することを願ってつけた名前です。

 

Shinka=進化 なのです。

 

私自身は運動が好きで学生の頃からバレーボール、テニス、ダンスといろいろ行って来ました。

体育の教員になる道もありました。

しかし運動に優劣をつけることに疑問を抱き教員の道は選びませんでした。

 

競うことなく運動の本当に必要な人に必要レベルの運動を提供したい。

学生なりにそのように感じていました。

 

私の今の道のきっかけは何か?

それは大学生の時にフォークダンスのサークルの指導を経験しました。

そこで、何に魅せられたかというと?

 

『お客様の笑顔』です。

 

この笑顔が自分にとって、何よりも最高のご褒美でした。

 

人を笑顔にする仕事がしたい、この思いがずっと現在までつながっています。

 

私は笑顔に生きるエネルギーを感じます。

世の中に笑顔がいっぱいになればいいなと思っています。

 

指導はエネルギーの循環だと思います。

 

私達指導する側からの一方的な提供ではなく、

参加するお客様からの笑顔や反応をいただき

相互にエネルギーを送りあい循環させているイメージです。

 

さながら指導者とお客様がエネルギーのキャッチボールを繰り返し

互いのエネルギーレベルを上昇させる感覚です。

 

 

さて、そこで運動が本当に必要な人とは・・・

 

 

運動が嫌いで子供のころからあまり動いたことがない方。

筋力の低下により身体の不調を感じる方。

一日中座って仕事をしている方・・・など

 

本来動物である人間が不自然な生活をし始めることで

失われつつある感覚、機能があります。

 

この本来の感覚、機能を運動で取り戻したり、

目覚めさせたいと思うのです。

 

適切な運動が薬以上に皆さんの健康に寄与することは間違いなく、

それを一人でも多くの人に伝えられたら最高です。

 

 

運動が好きな人と、そうでない人。、

一人一人の体力も違えば、骨格や身体の作りも違います。

 

同じエクササイズを行ったとしても、違う形で見えます。

もしまったく同じように見えたら、

それは同じような背格好をした人たちが動いているということです。

 

たとえばシェパードとダックスフントとチワワが一緒に走って

同じように見えるかということです。

 

同じ犬ですね?

でも違う走りなのです。

 

私は人間も同じだと考えています。

皆が一緒にならなくてよい。

その人の今のカラダから動きが良くなったり

筋力が強くなったりすれば良いと思います。

 

目指すは一人一人の進化です。

皆が同じになることではないのです。

 

 

お客様のカラダに合わせ、心地よい運動を提供し今の身体から進化させる。

体力があるということは、心の余裕につながります。

姿勢が変われば、視覚の中に入ってくる景色が変わります。

 

 

単なるエクササイズの提供でなく、共に成長する時間を進化で共有できれば最高ですね。

 

ピラティススタジオ進化であなたの人生のステージアップ、”進化”させませんか?