運動に関する、さわだりか論

キュッとひきしまったウエストは憧れですね。 憧れは思い描くのでなく、造るものです。 思っていても変わらないのがカラダ。 行動しましょう。実践しましょう。 やれば、変わります。 まずは始めるところから。 ねじる動きの効果を出すパワーはすごいですよ。 最強ですよ。 このエクササイズを行なって、 ウエストが締まらなかった人は今までおりません。...

【2択】女子の皆さんに質問です? お金と愛情を天秤にかける・・・ は一度は聞いたことがありますかね。 人生は決断と選択の連続です。 さて、そんな大事ではないけれど、 どちらを優先したいのか知りたかったのです。 ピラティスで皆さんの身体のお悩み解決をする立場として。 ウエストを細くしたいですか?それとも脚を細くしたいですか?...
あなたの外見の印象を左右する背中。 見てますよ~自分より他人がまじまじと見てますよ。 それでは、人の背中でなくて自分の姿勢をどの様にチェックしていますか? 正面からですか? 横からですか? クラスの中で姿勢のチェックというと、 すぐ皆さん正面から見たがるんです。 正面から自分の姿勢をチャックできる人って、 かなり見る力のある人ですよ。...

知らぬ間に姿勢がかわるってよくないですか? やっている本人の負担感が少なく姿勢が変わるって最高ですね。 鍛えるのも大事なのですが、 そもそも姿勢が日頃のデスクワークや、 日常生活の積み重ねで癖だらけです。 そこから鍛えたとしても、残念な姿勢になるだけです。 癖があるまま、強くなってしまいます。 さわだりかのお伝えしたい方法は、...

姿勢が気になるからって言って、 胸だけ張ろうとしていませんか? 肩甲骨だけ寄せて、何とかしようとしていませんか? 背中が痛くても、くびが凝っていても、 とにかくまずは股関節です。 骨盤の向きで、姿勢は変わります。 あまりにも日ごろの活動量の少なさが原因で、 股関節を動かすことが、負担だったりしますね。...

背中は他人に見られています。 きっと世の中に「さらしている」と言っても過言ではありません。 日本人って恥ずかしいのとか、恥をかくのが嫌いな民族です。 でも結構、背中放置は「さらしてますよ」。 ゆったりとした服を着れば大丈夫なんて甘い。 服の下の状態は、結構服の外に見え隠れするものです。 『年齢に甘えないで!』 『年齢で諦めないで!』...
運動と一口にいっても色々目的がありますね。 目的に応じて、運動強度も変わります。 強度は 負荷×反復回数×頻度 です。 運動のイメージが、 マッチョな感じだったり、 超アスリートの感じだったり。 それだけではないのですよ。 調整コンディショニングの為の運動もあります。 リハビリだって運動のうち。 ちなみに私、さわだりかが教えたいのは、...

非日常は、とても刺激的です。 だから変わるのです。 トレーニングの原則と、すべて物事の原則は同じ。 最近ヒシヒシと噛みしめているさわだりかです。 背中が丸くなるのは日頃使わないからです。 腕の後ろが、だぶだぶするのも使わないからです。 だから、使えば変わるのです。 ただ、それだけです。 なんでもいいから、動かすのです。 どれがいいとか・・・...

見られてますよ・・・背中。 背中は他人に見えて、自分に一番見えないところ。 そして普段の生活で最も活動が少ない部分です。 放置しておくと、丸くなり。 放置しておくと、むくみが溜まり 結果残念な姿勢となり、 年齢以上に老けて見えるのです。 知っていましたか?背中もむくんでいるって。 そもそも身体を動かさないと、...
運動ひとすじで27年やってきたからこそ、 運動のし過ぎの弊害は身をもって体験しています。 私が27年運動指導を続けてきた理由は、 運動が必要な人に適切な強度の運動を伝えたいからです。 鍛えるだけが、運動ではありません。 大きな幅があるのです。 なぜピラティスを教えているか? それはプールで行う運動に似ているからです。 私は23年前スポーツクラブで、...

さらに表示する